ハクスラアクションRPG『UNDECEMBER』日本で2022年上半期リリースが確実に。本日から事前予約受付開始。

LINE Gamesは1月14日、Needs Gamesが開発し自社でサービスするマルチプラットフォームのハックアンドスラッシュアクションRPG『UNDECEMBER(アンディセンバー)』を1月13日に韓国で正式リリースを開始し、日本を始めとするグローバルでのリリースは今年の上半期中を予定していると発表した。また、本日から事前予約を開始した。

もともと、韓国でのプレスリリースでグローバル版が今年の上半期中にリリースを予定していると発表されていたが、今回のプレスリリースは日本ユーザー向けに発表されたもので、日本語対応が確実になったと言える。

『UNDECEMBER』は、「13番目の存在のサーフェンス」の復活を止めるためのルーンハンターの旅を描いている。装備とルーンの組み合わせで「クラス制限のない成長」が強調されているのが特徴。PC(LINE Games FLOOR、Steam)モバイル(Android/iOS)にてマルチプラットフォーム(クロスプレイ可能)でサービスを提供する予定だ。

今年の上半期中に日本でのリリースを予定している『UNDECEMBER』は、現在事前予約受付中だ。グローバルで300万人を超えるユーザーの方が事前予約を行っている。下記事前予約サイトより登録が可能となっている。

『UNDECEMBER』公式サイト

LINEゲーム予約

予約トップ10

『UNDECEMBER』の詳しい内容は是非当サイトの記事を閲覧してほしい。

ⓒ LINE Games Corporation & Needs Games Inc. All Rights Reserved.

関連記事

Related Articles.