【PearlAbyss】新作開発に拍車をかける「パールアビスアートセンター」設立を発表。

【PearlAbyss】新作開発に拍車をかける「パールアビスアートセンター」設立を発表。

韓国 Pearl Abyss Corp.(本社:大韓民国安養市)は約1300坪規模の「パールアビスアートセンター」(以下、本アートセンター)を2022年に完成予定であることを本日発表した。

Pearl Abyssはすでに韓国国内最高レベルのモーションキャプチャースタジオと3Dスキャンスタジオ、レコーディング設備を取り揃えたオーディオ施設など、自ら運営しながらゲーム技術投資に積極的に取り組んでいる。内政ゲームエンジン技術で作った『黒い砂漠』IPをグローバルで成功させながら、ゲームの完成度およびサービス能力に加え、実写に非常に近しい3Dグラフィック、クオリティの高いイラスト、派手なアクションシーンなどのグラフィック部分も注目されているが、この度、事業費約30億円をと投資し、韓国の安養(アニャン)市に延べ面積1300坪の敷地に5階建ての本アートセンターを建設する。完成は2022年を予定しており、韓国国内のゲーム業界では最大規模の施設となる予定だ。 

本アートセンターは今後『黒い砂漠』IPや新作開発、最高レベルのゲーム技術を開発していく場所として活用していく。また、施設内にある新規モーションキャプチャースタジオ50台のモーションキャプチャーカメラや天井高9m以上で柱一つない広い空間を確保している。非常に高い天井と広い空間を確保することにより、ワイヤーアクションや巨大物、動物の活用まで多彩で効率駅なモーションキャプチャーを撮影することができる施設となる予定だ。

パールアビスアート部門総括室長は「本アートセンターは今よりもっと実写のようで映画みたいなゲームをつくりたいという思いから始まった計画です。」と述べ「黒い砂漠IPだけではなく、紅の砂漠、ドケビ、プラン8などの新作の完成度とクオリティを高めるため、弊社の技術施設をまた1歩進化させます。」と発表した。

また、Pearl Abyssは同時期の完成を目指して新社屋も建設中で、新社屋は地上15階、地下5階規模となる予定で、新社屋を通じてゲーム開発高度化および業務効率性を高める計画だ。 

■参考:モーションキャプチャースタジオ 
モーションキャプチャーは物および人の動きをセンサーを使ってデジタルに移す技術である。モーションキャプチャー技術は映画だけではなく、ゲーム・軍隊・芸能・スポーツ・医療・ロボット工学までの多様な分野で活用されている。ゲーム分野からは『黒い砂漠』などのグローバル成功作として呼ばれる大型コンソル・PCゲームにモーションキャプチャー技術が適応され、よりリアルな動きを描くことができる。Pearl Abyssは『黒い砂漠』や新作までよりリアルな動きやアクションを生かすために積極的にモーションキャプチャー技術を活用している。  

■Pearl Abyssとは 
2010年に設立されたPearl Abyss(以下:パールアビス)は、有名なMMORPGフランチャイズ「黒い砂漠」を持つ、ゲーム業界の主要開発社です。 パールアビスは「黒い砂漠IP」をPC、モバイル、 PlayStation、X box Oneなど、すべてのプラットフォームにわたってサービスしたことにより世界的に大人気を博し、150カ国余り、約4000万人のプレイヤーが楽しむゲームに成長した。 

また、現在はアクション満載のPvP「シャドウアリーナ」をSteamにてアーリーアクセスも提供している。 パールアビスのすべてのゲームは独自のエンジンを基盤で構築され、最先端のグラフィックで有名。 パールアビスは現在、次世代ゲームエンジンを活用して「紅の砂漠」、「ドケビ」、「プラン8」などを開発中で、今後さらなる海外市場の開拓に乗り出す計画だ。 

パールアビスの詳細については、公式ホームページをご参照ください。