新作オープンワールドMMO『Palia』アルファテスター募集開始

Blizzard EntertainmentとEpic Gamesは、Riot Games出身の開発者が集結して制作しているオープンワールドMMO「Palia」を公開した。

ロサンゼルスに本社を構えるゲーム開発会社「Singularity 6」が開発中の新作だ。Singularity 6は有名ゲームスタジオ出身の開発者が集結し、2018年に設立された新しいゲーム開発会社で、会社設立後1650万ドル(約18億円)の投資を誘致したことがニュースとなったが、当時はどんなジャンルのゲームが開発されているのか、ゲームの詳細については公開されなかった。

Singularity 6は6月3日にYouTubeで現在開発中の「Palia」に関する情報を初公開した。何千年前に人間たちが暮らしていた世界にプレイヤーたちが帰ってくるストーリーで、ファンタジーの世界を背景に仲間たちと農業をしたり、クラフティングや釣り、料理を楽しんだりするコミュニティ中心のシミュレーションMMOゲームとなっている。

プレイヤーは数千年ぶりに現れた人間として、任類の過去に隠された秘密を明らかにする冒険を中心に進めたり、農業やハウジングといった日常生活を営むこともできる。プレイヤーが自由に「Palia」の世界を堪能できるのがこのゲームの特徴である。

今回公開された約2分の長さのアナウンストレーラー映像では荒れ地を開拓し家を建て、自分好みにインテリアを飾ったり、仲間たちと一緒にパーティーを作り冒険に乗り出す姿を確認できる。他にも釣りをしたり、虫を採集したり、鉱物を掘るなど一般的なシミュレーションゲームで期待できる様々な活動が「Palia」でも可能と思われる。

現在Singularity 6は「Palia」のフリーアルファテスターを募集中で、アンケートに答えることで当選確率が増えるようだ。アルファテストは「Palia」公式ホームページから申請できる。

ただ、アルファテストはPCのみで行われ、リリース日程に関する情報はまだ公開されていない。