【オーディン:ヴァルハラライジング】マクロ対策のために、スマホエミュレーターからの接続を遮断する

韓国でカカオゲームズ(Kakao Games)がサービスをし、ライオンハートスタジオ(Lionheart Studio)が開発したモバイル・PC向けMMORPG「オーディン:ヴァルハラライジング(Odin Valhalla Rising)」は、PCでスマホゲームを行うためのスマホエミュレーター、アプリプレイヤーの利用をブロックする方針であることを発表した。

オーディン:ヴァルハラライジングでは、公式からPC版を配信している。だが、多くのユーザーが他社のスマホエミュレーターでゲームを利用している状況で、ブロック、遮断する方針をとった理由として、マクロ対策であると説明した。

スマホエミュレーターに搭載されたマウスの動きを再現するマクロ機能や一度に複数のアカウントを利用できるようにするマルチプレイヤー機能により、RMT目的など、疑わしい多くのアカウントが作成され、その結果、一般ユーザーの円滑なゲーム進行に不便をもたらしている。

2021年7月28日に行われる定期メンテナンス以降、スマホエミュレーター、アプリプレイヤーからの「オーディン:ヴァルハラライジング」への接続が不可能となる。

また、スマホエミュレーターだけでなく、正規のPC版でゲームを楽しんでほしいとカカオゲームズは付け加えた。