「モンスターハンター:ワールド」販売数が全世界で2,000万本を突破

カプコンは、マルチプラットフォーム向けタイトル「モンスターハンター:ワールド」を全世界で2,000万本販売(「モンスターハンターワールド:アイスボーンマスターエディション」を含む)を突破したいことを発表した。

近年、カプコンではデジタル販売戦略を推進しており、主力タイトルのグローバルでの長期販売が実現している。特に2018年1月に発売した本作『モンスターハンター:ワールド』は、「モンスターハンター」シリーズ初の世界同日発売やグローバルでの積極的なプロモーション活動を展開したことで、発売から約1ヵ月で当社の歴代最高販売本数を更新し、国内外の賞を受賞するなど、同シリーズを世界的な人気ブランドへ飛躍させた。

以降、発売から3年以上に渡り、デジタル販売の推進に加え、本作の超大型有料拡張コンテンツ「モンスターハンターワールド:アイスボーン」(以下「アイスボーン」)発売時には本作とのセットであるバンドル版を投入するなど、『アイスボーン』との相乗効果によりグローバルで息の長い売れ行きを示した結果、カプコン史上最高の2,000万本を達成した。

また、同シリーズにおいて、Nintendo Switchで累計販売本数750万本(2021年9月24日時点)を販売している『モンスターハンターライズ』では、PC(Steam)版の発売を2022年1月13日※に予定しており、10月14日※から体験版を配信している。さらに、2022年夏には同作の超大型有料拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の発売を控えるなど、今後もシリーズ全体での展開を積極化することで、「モンスターハンター」ブランドの更なる成長を図っている。

詳しくは「モンスターハンター:ワールド」公式サイトをご覧ください。

関連記事

Related Articles.