MMORPG「MIR4(ミル4)」8月5日から4日間のβテスト開始

Wemade Onlineは、モバイル/PC向けMMORPG「MIR4(ミル4)」の日本市場展開を発表し、2021年7月29日に事前登録の受付を開始した。

また、8月5日から8月8日までの4日間のグローバルβテストを実施予定。

「MIR4(ミル4)」 とは

飛天王国と沙北王国が占領する「MIR大陸」を舞台に、圧倒的なスケールで描かれる新ジャンル「K-FANTASY」を実現。西洋ファンタジーの世界が描かれることが多いMMORPGジャンルにおいて、MIR4は東洋ファンタジーを舞台に採用しており、独自IPをもとに厚みのあるストーリーをお届けする。

グローバル版に先立ってリリースされている韓国においては、リリース直後にGoogle Play Store、AppleのApp Storeなど韓国の主要マーケットで人気ランキング1位獲得&最高レベルのセールスを記録し、強固なユーザー層を確保している。MMORPGジャンルにおいてトップクラスのゲームとして存在感を示している。

「MIR4」の4大要素と壮大な物語

狩り、採集、採鉱、運気調息といった、プレイヤーの成長と経済的な価値を同時に満たす4大要素と、さまざまな登場人物が歴史を切り開いていく壮大な物語が「MIR4」の特徴だ。

戦闘:敵を倒すことで経験値やドロップアイテムを獲得
採集:採集した薬草を通じて、キャラクターの体質を整える
採鉱:鉱石を集めて装備品や強化素材を制作
運気調息:大地から真気を取り入れ、能力やスキルを強化

「MIR4」の展望

▽政治、経済、社会システムを持った特徴的なMMORPGとして、世界そのものを実現
成長と戦闘を軸にした既存のモバイルMMORPGとは一線を画す世界を実現するために、一歩先進した政治、経済、社会システムを提供し、志を共にする仲間たちと新たな世界を制限なく築いていける高水準の自由度を約束する。

▽先進技術をコンテンツに採用し、MMORPGの枠をさらに一歩飛び越える
「MIR4」グローバルサービスではブロックチェーン技術であるNFT(Non-Fungible Token)とFT(Fungible Token)技術をインゲームに取り入れている。プレイヤーはゲームキャラクターおよび黒鉄という財貨を通じて、ブロックチェーン技術を体験できる。

グローバル事前登録開始

「MIR4」では約170ヵ国、12言語(英語、日本語、韓国語、中国語簡体字/繁体字、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語)でのグローバル展開を始動。

リリースに先駆け、日本でもGoogle Play / App Storeの両ストアにて事前登録受付を開始した。事前登録を行った方には、ゲームのリリースがいち早く通知される他、リリース後にゲーム内で活用できる便利なアイテムも多数プレゼントされる。

グローバルベータテスト開催決定

▽実施概要
アジア、北米、欧州の各地域単位で同時にベータテストを実施する。

Android/iOS/PCの各プラットフォームでゲームデータは共通のものとなるため参加するユーザーのプレイスタイルに合わせて選択できる。

▽開催期間
「MIR4」のグローバルベータテストは8月5日12:00から8月8日24:00(日本時間)までの4日間、実施予定。

また、1日前となる8月4日12:00からは、アプリケーションの事前ダウンロードも可能となる。

▽参加方法
Android/iOSのモバイル版、各ストアを通じて提供される公開リンクからだれでも参加ができる。
PC版は、公式サイトからゲームをダウンロードすることで参加できるようになる。

詳しくは「MIR4(ミル4)」公式ホームページをご覧ください。