最高水準の「フル3Dグラフィック」原作を継承する「クォータービュー」で制作されたリネージュ最新作「リネージュW」

「リネージュW」は、リネージュの「3D化」と「グローバル化」という目標も持って、NCSOFTが新たなに開発したリネージュシリーズの最新タイトルである。戦い、血盟、生贄、名誉などリネージュIPのアイデンティティを継承し、ゲームの完成度を極限まで高めたリネージュの「決定版」である。

リネージュWは、新たに制作された「フル3Dグラフィック」と、原作と同じ「クォータービュー」でリネージュの特徴的な要素を継承すると同時に、世界観もリネージュ原作から130年後物語を深遠な「ダークファンタジー」に再解釈した。

リネージュWの「W」は「Wordwide」を意味する。開発の段階からグローバル市場向けに制作されたリネージュWは、国ごとのローカルサービスの提供方法から脱却し、「グローバルワンビルド」に基づいたサービスを提供する。さまざまな国のユーザーが1つのサーバーで相互作用し、競うことができる。NCSOFTは、リネージュWwo介して、世界全体を巻き込んだリネージュだけのバトルコミュニティを作成するというビジョンを実現することを計画している。

最高水準の「フル3Dグラフィック」と古典的な「クォータービュー」

リネージュWは、モバイルゲームの中で最高レベルの「フル3Dグラフィック」をベースに、リネージュの特徴である「クォータービュー」を採用している。グローバルローンチを目指し、積極的に変化を追求したうえで、原作のファンが考えるリネージュの特徴を継承した。

フル3Dグラフィックとクォータービューを同時に採用することで、2Dでは表現できなかった人物や世界のディティールを捉え、ゲームプレイの変化に繋がる。

2Dベースの原作リネージュでは、ドラゴン「アンタラス」は、通常の人間よりも少し大きいレベルで表現されていたが、リネージュWでは、画面をいっぱいに埋めるほどの巨大な姿で登場する。サイズだけでなく、強力な攻撃で周囲の地形を崩壊させたり、変形させたりすることもできる。

プレイヤーは「アンタラス」のようなボスモンスターと戦闘を繰り広げる場合、モンスターの攻撃による地形や戦場の流動的な変化を考慮して、戦略的な攻略法を検討する必要がある。

リネージュ本来の感性を損なわない「革新的継承」

リネージュWは、原作のゲームシステムを「革新的継承」というビジョンを持って開発された。既存のファンが待ち望んでいた感性を損なわずに、必要な変更を加えることで、新規ユーザーも適応できるゲームを実装することが目標だ。

リネージュWは、原作の核心コンテンツである戦闘システムを継承している。原作と同じ戦闘システムを実装するとともに、3Dワールドでも衝突処理技術を適応して、独自の位置の値を持つキャラクターがお互いにぶつかるよう設計された。衝突処理は、グローバルユーザーが集まる大規模な戦場で戦略的な位置と形成の重要性を強調して、現実的な戦争を表現するリネージュの戦闘の主な特徴の一つである。NCSOFTは、原作ファンにとって重要なリネージュ独自の打撃感を再現し、戦闘の楽しさを高めている。

新規ユーザーのアクセスを高めるために、いくつかの変更が加えられた。既存の個人や血盟が独占的に所有していた情報はすべてのユーザーがわかるように開示される。リネージュWでは、モンスターや狩り場情報、ボス登場場所や時間など、ゲームに必要な重要な情報がゲームプレイに応じて、公開される予定である。

「ダークファンタジー」に再解釈されたアデンワールド:世界を探索し、得る「想像の実現」

リネージュWは、原作から130年後の世界を舞台としている。前作の明るいファンタジーの世界とは対照的な、暗くて魅力的な「ダークファンタジー」として、ゲームのストーリーと世界を再解釈した。

ダークファンタジーの雰囲気の中で「名誉・犠牲・血の誓い」などリネージュのテーマ意識は、より重く、深刻になる。ユーザーは、あキャラクター作成の段階から、自分のキャラクターが世界に挑戦し、克服する姿を想像することができる。世界観と一致したストーリーは、ユーザーの自然的な没入感を与える。

1998年に発売された「リネージュ」は、テキストベースのMUDゲームのイメージングに成功した代表的な作品である。テキストを見ながらゲームの内容を想像していたユーザーは、リネージュ発売後、グラフィックを通じて「想像の実現」を経験した。

リネージュWは、ゲーム内の文化、言葉、表現などをイメージのみで説明する。NPCの説明やセリフがなく、ゲーム中のUIとシステム、世界を観察することで、想像していたすべてのものに対する答えを見つけることができる。

世界中の人々が1つの戦場を形成する「グローバルバトルコミュニティ」

NCSOFTは、リネージュの「ワールドワイド」バージョンを開発し、グローバルユーザー全員が楽しむことができる「グローバルバトルコンミュニティ」を実現することを目標にリネージュWを制作した。リネージュWは、世界中の人々が1つのゲームでコミュニケーションできる「グローバルワンビルド」でリリースされる。これにより、リネージュWでは、想像の域にしか存在しなかった国単位のグローバル戦闘を実現し、「グローバルバトルコミュニティ」を形成する。

NCSOFTは、リネージュWnoグローバルサービスのために、会社の様々な開発力を集中させた。異なる言語を使用するユーザー同士が互いにコミュニケーションをとり、MMOのような体験をすることができるように、AI翻訳技術をゲーム内に導入した。ユーザーは、ゲームチャットウィンドウを介して、外国語を自国の言語で確認することができる。チャットはすぐに翻訳されるので、手間のかからないコミュニケーションが可能である。口語やインターネット用語なども翻訳できるゲームに特化したNCSOFTのAI翻訳は、世界中のユーザーにMMOの真の楽しさを提供する。

「ワールドワイド(Wordwide)」をコンセプトにグローバルユーザー向けに開発された「リネージュW」は、2021年内グローバル市場に全世界同時リリースされる予定である。