欧米MMO「Into The Echo」ティザー映像を公開し、プレアルファの登録を開始

ETLOK Studiosが開発するMMORPG「Into The Echo」は「タイムトラベルオデッセイ(a time travel odyssey)」を謳い文句とし、多くのプレイヤーがMMOを愛するきっかけとなった、驚きと発見の感覚を取り戻すことを目的とした作品で、本日、プレアルファテストの登録が開始されたことを表す、公式ティザー映像が公開した。

「Into The Echo」のティザーでは多くのことは語られなかったが、本作の世界がどのようなものか垣間見ることができる。ETOLOK Studiosは、資源収集、クラフト、戦闘、ソーシャル体験の重視などの機能や仕組みを組み合わせて、「長く遊べるように設計」、「コミュニティを重視」したゲームを目指しているとのこと。

ゲームの舞台となるRaavaという惑星で、この惑星を変えた宇宙的な出来事や、人々にQenと呼ばれる能力を与えたことなど、この惑星の時間的な歴史がゲームの前提となっている。もちろん、タイムトラベルの要素も存在するが、それが実際に何を意味するのかまだ明らかになっていない。ティザーでは、タイトル通り、誰かがエコーの中に入っていく様子を確認できるが、それが何を意味するのかは、まだわからない。惑星や、実際に歴があるように感じさせたいというETLOK Studiosの思いに加えて、本作のストーリー背景の濃さに期待が持てそうだ。

"Echo"に触れてどこかへ消えていく。

「Into The Echo」では、見た目だけでなく、様々なカスタマイズ要素にも個性を持たせることを目指している。つまり、一握りの古典的なタイプではなく、誰を演じるかを自分で決めることができるようになる。このような観点から、ETLOK StudiosはMMORPGをより大きなデジタルユニーバースの一部として構想している。単なるデジタルの世界ではなく、自分が住んでみたいと思えるものを作ることを目標だという。

実際にゲーム内の時間を経過していく。

「Into The Echo」のプレアルファテストに興味のある方はInto The Echo公式サイトにアクセスしてログインから登録を行おう。なお、本作は英語対応のみとなっている。

関連記事

Related Articles.