【グランサーガ】ゴッド・オブ・ウォーの作曲家が参加したシネマティック映像公開

【グランサーガ】ゴッド・オブ・ウォーの作曲家が参加したシネマティック映像公開

NPIXELは、7月17日に同社が開発して韓国内でサービスを提供しているMMORPG「グランサーガ(GRAN SAGA)」の大規模アップデートに先立ち、有名作曲家「クリス・ベラスコ(Cris Velasco)」が参加したシネマティック映像を公開した。

クリス・ベラスコは「フォートナイト(Fortnite)」や「スタークラフト(StarCraft)」をはじめ、「ゴッド・オブ・ウォー(God of War)」シリーズ、「オーバーウォッチ(OVERWATCH)」などで有名なゲーム音楽の作曲家で、今回映像を通じて、新しい世界観のアップデート予告と一緒に帝国軍を相手に繰り広げられる主人公の騎士の運命を壮大な迫力に表現している。

特にシネマティック映像の作曲のために、64人のオーケストラがチェコで実演しており、挿入歌の音響ミキシングために、映画「ジョーカー(Joker)」や「バイオハザード(Resident Evil)」などで有名な音楽エンジニア「ダニエル・クレスコ(Daniel Kresco)」が参加し、完成度を高めた。

EPIXELは「今後、グランサーガで新しく披露されるストーリーの壮大さと緊張感溢れる雰囲気などを表現するために映像だけでなく、音楽の要素で力を入れた」また「引き続き7月中に行われる「サマーフェスティバル」をはじめ、8月中にリリースする大規模アップデートなど、様々なコンテンツを準備している」と伝えた。