新作MMORPG「ドラゴンブラッド」8月18日に正式サービス開始:韓国

スーパーツリー(Super Tree)は、モバイルアクションMMORPG「ドラゴンブラッド(Dragon Blood)」を8月18日に正式サービスを開始する。

「ドラゴンブラッド」は、韓国のゲーム開発会社「ネックスタンド(NEXSTAND)」が開発して「スーパーツリー」がサービスを提供する作品だ。MMORPG作品は、大企業が担うことが多いが、中小企業である2社が協力して野心的なリリースを行う。

「ドラゴンブラッド」は、滅亡に陥った大陸を救うためにドラゴンと戦場で戦闘を繰り広げるストーリーで構成されており、ユーザーとの競争、協力に必要不可欠なドラゴン、アリーナ、陣営戦など様々な戦闘コンテンツを楽しむことができる。特に陣営戦は、相手陣営と戦闘を繰り広げながらも、ボスモンスターと戦闘時には、相手陣営との協力を必要とするコンテンツで、他ゲームのRvRコンテンツで感じたことない一味違った楽しさを感じることができる。

※RvRとは、「Realm vs Realm」の略語で、多人数の勢力や組織、国家間の対戦のことを表す。 プレイヤーは、どちらかの勢力に所属し大規模の戦闘を楽しむことができる。

スーパーツリー代表取締役は、「8月中旬以降、NCSOFT、ネットマーブルなどの大企業の新作リリースが予告されており、モバイルゲーム市場の競争が激しくなることが予想されるが、様々なジャンルのゲームが発表されるニュースは嬉しいことだ。」また、「スーパーツリーも今回の機会を通じて、国内の中小ゲーム会社の開発力とサービスの底力を見せる機会になるよう最善を尽くしたい。」と述べた。

スパーツリーは、8月18日に正式リリース予定の「ドラゴンブラッド」のティザー映像を事前予約ページに公開した。

詳しくは韓国「ドラゴンブラッド」公式ホームページをご覧ください。