新作オープンワールドMMO「DokeV(ドケビ)」プレイ映像初公開

パールアビス(Peal Abyss)は、新作オープンワールドMMO「DokeV(ドケビ)」の実際のゲームプレイ映像を含むゲームトレーラーを26日(ドイツ現地時間25日)「Gamescom 2021」で発表した。

Gamescomは、ドイツで毎年開催されるヨーロッパ最大のゲームフェスティバルであり、昨年と同様に今年もオンラインで開催している。「DokeV(ドケビ)」は、オープニングイベントの「gamescom:Openning Night Line(以下ONL)」で紹介された。

「DokeV(ドケビ)」は、ドケビを探している主人公の冒険を独特の世界観で描く「収集型オープンワールドアクションアドベンチャーゲーム」です。パールアビスは、「ドケビをコンソールとPCプラットフォームで家族が一緒に楽しむことができるよう開発している」と伝えた。

今回の新作は、開発総括プロデューサーのキム・デイルをはじめ、パールアビスアニメーションとモーションキャプチャを総括するキム・サンヨン、そして黒い砂漠のアクションデザインを担当したナム・チャンキによって開発されている。

新規トレーラーは、個性的なドケビたちと一緒にオープンワールドを探索する様子を確認できる。また、リアルタイムの戦闘システム、ボスモンスターとのダイナミックな戦闘など固有のアクション性と自由度を披露した。

パースアビスは、「これまで同社がリリースした打撃感ある戦闘アクションをポップに再解釈し、ドケビたちと一緒にロボットに対抗する姿をコミカルに描写した」と発表した。映像では、傘で空を飛んだり、様々な姿に変身したり、ドケビの能力を使った様子を見ることができる。

「ドケビ」は、現実と仮想空間を行き来するオープンワールドを次世代ゲームエンジンで実装しており、K-POPミュージック「ロックスター(ROCKSTAR)」のリミックスバージョン、韓国の建物「韓屋」やヘテ像などの韓国の要素も確認でき、ゲームに調和している。

GamescomのONL進行兼プロデューサーであるジェフ・ケイリー(Geoff Keighley)は、「パールアビスの「ドケビ」の新しい姿をGamescom ONLで公開することができて嬉しい。毎年、世界の様々なゲームを披露するONLの趣旨とも非常によく合っている」と述べた。

「ドケビ」のリードプロデューサーであるキム・サンヨンは、「ドケビと呼ばれるユニークな題材とアニメーション風グラフィックで、家族みんなで楽しむことができるようにゲームを開発している。パールアビスの新たな挑戦であるだけに、多くの方の期待に応えることができるように最善を尽くして開発に集中する」と述べた。

「ドケビ」新規トレーラー、新規スクリーンショット、音源などの詳細情報は、公式ホームページを通して確認することができる。