中国新作モバイルMMORPG「New The Lost Tomb」9月12日よりOBT開始

Youzu.comが開発・運営を行う没入型盗掘モバイルMMORPG「New The Lost Tomb(原名:新盗墓笔记)」が9月12日より中国にてオープンベータテスト(OBT)を開始した。本作は中国で長く放送されている「The Lost Tomb(原名:盗墓笔记)のIPを使用したモバイルゲームだ。

原作の「The Lost Tomb」は墓荒らしの家系に生まれた骨董品店主の主人公が祖父の残したメモと頼りに戦国時代に失われた宝物や一族の悲惨な過去に対する答えを見つけていく内容となっている。本作では記憶喪失の主人公が自身の人生の謎を解決していく物語となっているが、原作の世界観をもとに没入感溢れる冒険を楽しむことができる。

冒険を手助けしてくれる「パートナー」

ゲームとしての特徴は「パートナーシステム」が存在し、それぞれのパートナーが独自のスキルを持ち、主人公の戦闘力を底上げすることができる。加えて、パートナーを派遣して探索したり、ギフトを贈り好感度を上げることができる。一定の好感度まで上げることでパートナー隠された物語を知ることができる。

志を共にする「家族」

また、既存のMMORPGに存在するギルドシステムと同等の「家族システム」が存在する。志を共にした家族と一緒に冒険することはもちろん、PvPを楽しむこともできる。PvPは個人戦、チーム戦、バトルロワイヤル、家族間の対立など、様々な対人コンテンツを体験できる。

独自のトレジャーハンティング要素

盗掘モバイルMMORPGと銘打っている通り、トレジャーハンティング要素が充実している。冒険を通してプレイヤーは様々な問題に遭遇し、多数のイベントを解読することで、珍しいコレクションを発掘することができる。集めたコレクションは、キャラクターに様々な効果をもたらし、独自のコレクションスキルを覚えることもできる。

詳しくは「New The Lost Tomb(原名:新盗墓笔记)」公式ホームページをご覧ください。