ブルプロ:スペルキャスター スキル一覧

ブルプロ:スペルキャスター スキル一覧

BLUE PROTOCOL(ブルプロ)のスペルキャスターの概要から基本攻撃の派生、レギュラースキル、タクティカルスキルなどスペルキャスターに関する情報をまとめました。

本記事を読めば、スペルキャスターがどのようなクラスなのか理解できるでしょう。

スペルキャスター スキル一覧

概要

火力が高く、特に瞬間火力に長けているクラス。

EPゲージを持っていて、EPゲージがある限り、スキルを連続使用ため、スキルのインターバルが存在しない。

右クリックでEPゲージの回復に加えて、属性が3種類使えるため、属性効果のスピードダウンなどをうまく活かして戦うこともできる。

基本攻撃

3連撃の最後のみで後ろ、前、横で派生攻撃ができる。

3発目の後ろ派生でクイックチャージ。

3発目の前派生で属性攻撃 移動速度ダウン。

3発目の横派生でノックバック攻撃。

火・氷・雷の3属性を操り、固有のEPゲージが存在(エングラムゲージ)する。

エングラムゲージがある限り、スキルを連続使用できる。(スキルのインターバルが存在しない)

右クリックでエングラムゲージ回復。

レギュラースキル

エングラムチャージ
スキル発動時に、EPゲージを回復する。
さらにキーを長押ししている間、EPゲージが継続回復する。

Lv2 / キーを長押ししている時のEPゲージ継続回復が上昇する。

Lv3 / スキル発動時のEPゲージ回復量が上昇する。

タクティカルスキル1

A – ファイアブラスト
単体火属性の遠隔攻撃をする。

Lv2 / 2段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、スキル威力が上昇する。

Lv3 / 3段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、スキル威力が上昇する。

α – クイックチャージ / 最大チャージまでの時間を短縮する。
β – エレメントアップ / 属性蓄積値が上昇する。

B – フレイムグレネード
着弾地点で爆発する炎属性の範囲攻撃。

Lv2 / 2段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、スキル威力が上昇する。

Lv3 / 3段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、スキル威力が上昇する。

α – バーストプラス / 攻撃範囲を拡大する。
β – イグニッション / 属性蓄積値が上昇する。

タクティカルスキル2

A – ライトニング
雷属性の直線攻撃をする。
貫通性能を持つ電撃が3本生成される。

Lv2 / 2段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、電撃の数が増加する。

Lv3 / 3段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、電撃の数が増加する。

α – エスカレーション / EPの消費量を増加して、スキル威力を上昇する。
β – EPセーブ / EPの消費量を軽減する。

B – サンダーマイン
近くのエネミーを追尾する雷弾を放つ。
着弾すると雷属性の範囲ダメージを与える。

Lv2 / 2段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、雷弾の数が増加する。

Lv3 / 3段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、雷弾の数が増加する。

α – スプレッドアウト / 攻撃範囲を拡大する。
β – エスカレーション / EPの消費量を増加して、スキル威力を上昇する。

タクティカルスキル3

A – ブリザード
指定地点に氷の風を生成する。
範囲内にいるエネミーに氷属性のダメージを与え続ける。

Lv2 / 2段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、攻撃範囲拡大と持続時間を延長する。

Lv3 / 3段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、攻撃範囲拡大と持続時間を延長する。

α – ラピッドチャージ / 最大チャージまでの時間を短縮する。
β – ロングレンジ / 攻撃範囲を拡大する。

B – フリジッドクラッシュ
指定地点に対して、氷塊を落下させる。
範囲内にいるエネミーに氷属性のダメージを与える。

Lv2 / 2段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、氷塊の数が増加する。

Lv3 / 3段階までチャージが可能になる。チャージ段階に応じて、氷塊の数が増加する。

α – ワイドレンジ / 攻撃範囲を拡大する。
β – ピアースキャスト / 攻撃範囲を縮小して、スキル威力を上昇する。

タクティカルスキル4

A – コンセントレーション
一定時間、自身にEP継続回復状態を付与する。

Lv2 / コンセントレーションの効果時間を延長する。

Lv3 / コンセントレーションのインターバルを短縮する。

α – リゲイン / 一定時間、自身にHP継続回復状態を付与する。
β – エナジーチャージ / スキル発動時に、EPゲージを回復する。

B – フォローバレット
一定時間、自身に追従するエングラムバレットを付与する。
タクティカルスキル使用時、各属性の追尾弾で攻撃する。

Lv2 / フォローバレットの効果時間を延長する。

Lv3 / フォローバレットのインターバルを短縮する。

α – エレメントフォース / エングラムバレットの追尾弾によるダメージを上昇する。
β – エレメントエスカレート / エングラムバレットの追尾弾による属性蓄積値が上昇する。

アルティメットスキル

メテオインフェルノ
指定地点に対して、隕石を落下させる。

タクティカルアビリティ

ULTスキルインターバル短縮

EP最大値アップ

レゾリューション
一定時間、タクティカルスキルのチャージ開始時にスーパーアーマー状態を付与する。
レゾリューションのレベルに応じて、効果時間を延長する。

まとめ

スペルキャスターは完全瞬間火力クラスといえるだろう。

ファイアブラストはウルトに次いでスペルキャスターの中で一番火力が高く出せる技なので、多用しよう。

雷はあまり使用用途少ないため、正直言って必要ない。

パーティの時は氷属性付与で、エネミーを凍らせて戦うといい。

ULTのメテオインフェルノはたまり次第使用して、コンセントレーションEP回復するといいだろう。

他のクラスのスキルを知りたい方はこちらをご覧ください。

>>ブルプロ:クラス・職業一覧