【ニノクロ】遺物の戦場:徹底解説

【ニノクロ】遺物の戦場:徹底解説

『二ノ国:CrossWorlds』にはキングダム同士で戦うコンテンツが豊富にあり、その中でも『遺物の戦場』は勝利すると遺物と呼ばれる凄まじい力を秘めた武器を入手できる重要なコンテンツになっている。

『遺物の戦場』はリアルタイムで占領地を奪い合う、2つのキングダム間の大規模な勢力戦で、最大50vs50の戦場を楽しめる。

バフタワー、中立タワーのタイミングの見極め、オブジェクトの使い方など様々な要因で勝敗が決するコンテンツでキングダム内の連携力が問われる戦いとなるので、本記事を参考にしてほしい。

キングダム戦を楽しむ、キングダムを強くしたいと思うなら『遺物の戦場』で遺物を手にし、どこにも負けない最強のキングダムを作り上げていこう。

遺物の戦場:基本ルール

『遺物の戦場』は2つのキングダムで争う50vs50合計100人のリアルタイム大規模GvG(ギルドvsギルド)コンテンツだ。

決められた時間内(15分)に複数の占領地を確保し、遺物の戦場のポイントを稼ぐことが一番の目的だ。

占領地は相手チームにとられた場合でも取り返すことができ、自チームが占領地に多くいればいるほど占領速度がアップする。

占領地内に相手チームがいたとしても、自チームの数のほうが多ければ、占領ゲージが伸びていくので、仲間との連携がカギとなる。

そして、勝利条件は目標点数5,000ポイント達成するか、もしくは制限時間内により多くの点数を稼いだチームが勝利となる。

ただ、占領地を確保するだけでなく、『バフタワー』や『中立モンスター』を倒すことで得られるバフを確保することも大事だ。

倒された場合は15秒後、スタート地点にリスポーンする仕様で、倒された回数によってのペナルティはないと思われる。

  • 50vs50合計100人のリアルタイムだ規模GvGコンテンツ
  • 13分で複数の占領地を奪い合い、目標ポイント5,000ポイント達成、もしくはポイントの多いチームが勝利。
  • 占領地は奪うことも奪われることも可能。
  • 占領地はチームの人数が多いほど占領速度がアップする。
  • 『バフタワー』や『中立モンスター』のバフ確保も大事。
  • 倒された場合は15秒後、スタート地点にリスポーン。

目標ポイントの稼ぎ方

目標ポイントを稼ぐには『占領地』を確保しなければならない。

占領地は7つ存在し、特に真ん中の大きな占領地は得られるポイントが多いため、確保しておくと有利になるだろう。

ポイントは『占領地を確保したタイミング』と『占領地を維持している時間』によって得られる。

なので、相手チームの占領地を奪うことも大事だが、自チームが確保している占領地を防衛することも考えておく必要がある。

また、先述したが、占領地は自チームの人数が多ければ多いほど占領速度がアップし、もし相手チームが占領地内にいたとしても、自チームの数が相手チームより多ければ、占領ゲージは進んでいく。

相手チームの動きを俯瞰し、仲間との立ち回りによって、ポイントの稼ぎ方が変化してくるだろう。

  • 占領地は7つ存在する。
  • ポイントは『占領地を確保したタイミング』と『占領地を維持している時間』で得られる。
  • 相手チームに占領ポイントを奪われないために防衛する必要もある。
  • 相手チームとの人数差を作り出す立ち回りが大事。

5つの戦略ポイント

遺物の戦場はただ、占領地をめぐって殴り合うゲームではなく、『バフタワー』や『中立モンスター』『フニャ』『バリケード』『ポータル』といった逆転や相手に差をつける戦略要素が存在する。

『バフタワー』と『中立モンスター』

▲『バフタワー』
▲中立モンスター『キメラ』

まず『バフタワー』はマップ中央の下の位置に存在する。

遺物の戦場開始と同時に獲得可能状態になり、3分ほどの周期でリセットが行われるので、そのタイミングを見計らって仲間と集合しておくといいだろう。

バフタワーに一定時間、手をかざし(インタラクト・タッチ)刻印することでチーム全体にバフの恩恵を得られる。

バフタワーの刻印中に相手の攻撃を受けると止まってしまうので、妨害行為に人数を割くことも大事になる。

中立モンスター『キメラ』は遺物の戦場の残り時間9分あたりにマップ中央の上の位置に出現し始める。

キメラのラストアタックを与えたチームがキメラのバフの恩恵を得られる。

なので戦略的に言えば、『バフタワー』を入手することを心掛け、バフタワーの恩恵を得ながら、キメラのラストアタックを狙っていく行動が一番勝利に近づける行動と言えるだろう。

両バフ効果の詳細はまだわからないが、ステータスが全体的に上昇するものと考えられる。

基本的にバフを入手したチームに太刀打ちできないほど強くなるので、バフの恩恵はできる限り入手しておきたい。

『バフタワー』中立モンスター『キメラ』
出現場所マップ中央の下に位置している。マップ中央の上に位置している。
獲得方法開始直後に獲得可能状態で、一定時間インタラクトしたチームが恩恵を得る。残り時間9分あたりに出現し、ラストアタックを与えたチームが恩恵を得る。
ルールバフを獲得した時間から3分でリセット。(再獲得可能)出現は一度きり。

『フニャ』と『バリケード』

▲『フニャ』
▲『バリケード』

フニャ』と『バリケード』は遺物の戦場開始直後から使用でき、左右の各チームのスタート地点に置かれており、プレイヤー1人に対して、1つのみ持つことができる。

『フニャ』は占領地内に置いておくことで、占領速度がアップするが、フニャは相手チームが壊せる破壊可能オブジェクトだ。

『バリケード』は置くことで道を塞いだり、チームの戦いやすい戦場を作り出したりと、便利だが、フニャ同様、破壊可能オブジェクトだ。

最初に述べた通り、どちらもスタート地点に置かれているので、初手から活用していく動きがセオリーになるだろう。

誰がどこに設置するか、どこの占領ポイントを取りに行くか、キングダムによって戦術が変化してくるだろうが、あるかないかで相当な差がつく要素となっている。

  • 『フニャ』と『バリケード』どちらもスタート地点に置かれている。
  • 『フニャ』は占領速度がアップ、『バリケード』は道を塞げる。
  • どちらも破壊できるオブジェクト。
  • 初手から活用する動きが強い。

『ポータル』

▲『ポータル』

『ポータル』は上下に存在し、左上の「赤ポータル」に入った場合は右下の「赤ポータル」に瞬間移動できる要素だ。

同様に右上の「青ポータル」に入った場合は左下の「青ポータル」に瞬間移動する。

青と赤で色付けされていて紛らわしいが、どちらもどのチームであろうと利用可能なので、戦略的に重要なポイントだ。

例えば、中立モンスター『キメラ』が湧くタイミングで、『バフタワー』のリセットがかかった場合はバフタワーのバフを入手後、左下の青ポータルと右下の赤ポータルを利用することで、中立モンスター『キメラ』を狩っている相手チームを挟み撃ちすることも可能だ。

もちろん戦況によって使用用途は変わってくるが、遺物の戦場を勝利するには必要不可欠な要素なので、キングダムで話し合い、使用タイミングを見極めていこう。

  • 同じ色のポータルを行き来できる瞬間移動装置。
  • どちらの色もどのチームでも利用可能。
  • 戦略的に重要な要素なので、使用タイミングを見極めよう。

遺物の戦場の流れ:戦略の考え方

遺物の戦場のスタート地点は左と右で別れている。

開幕直後は、スタート地点近くの3つの占領地を『フニャ』を持ちつつ、少人数で確保しに行くことが大事になる。

その他のプレイヤーは『バフタワー』確保を優先に動き、バフを確保できるか、相手の妨害をするかを戦況を見つつ、判断していく。

バフの効果は強力なので、どのチームも人数を割いて、バフ確保に尽力してくると思うが、中央の占領地確保に人数を割く動きも一つの手だ。

その代わり、バフを渡さない動きを徹底できるかがカギになってくるだろう。

バフを入手できた場合は、積極的に相手を倒し、相手のリスポーンするまでの15秒と占領地に到達するまでの時間を有効活用していこう。

中央に位置している『中立モンスター』『中央の占領地』『バフタワー』の3つのエリアは開始直後は壁が存在し、一定ダメージ与えないと壊せない仕様になっている。

なので、この3つのエリアを確保する場合は、できるだけ多くプレイヤーで突っ込み、相手チームが入ってきそうな入口に『バリケード』を置くことで時間を稼ぐ作戦も使える。

また、エリア内で交戦になった場合に相手に援軍を連れてこられないように、『バリケード』を活用し、各所で人数差を生み出すこともできるだろう。

次に重要なポイントは中立モンスター『キメラ』が湧くタイミングだ。

立モンスター『キメラ』は開始4分後あたりに出現し、ラストアタックを与えたチームが恩恵を得る仕様で、バフタワーのリセット周期と被る場合がある。

なのでどちらを優先するか見極める必要があるが、『キメラ』が倒されるまでに『バフタワー』のバフを獲得できるのであれば、『バフタワー』を優先的に動いたほうがいいだろう。

理想的な動きとしては『バフタワー』のバフを獲得後、『ポータル』を利用し、『キメラ』を討伐することだ。

だが、その他にも『キメラ』討伐に相手チームが時間を使っている間に多くの占領地を確保しつつ、少人数の強いプレイヤーを『キメラ』のラストアタック狙いでスティールする動きも考えられる。

中立モンスター『キメラ』の出現タイミングは様々な戦術が錯綜するタイミングでもあるので、相手の動きに注目しておく必要もある。

このように遺物の戦場は相手の動きをどれだけ俯瞰的に把握できるかが重要であり、戦況もすぐに変化していく。

その場その場に対応できるように、遺物の戦場前のキングダムでの話し合いが勝敗を決すると言っても過言ではない。

遺物の戦場:勝利報酬

遺物の戦場で勝利した際に得られる報酬の詳細はいまのところ明らかになっていない。

だが以下のように公式ホームページに明記されているので、上記の画像のように各クラスに適した武器もしくは装備が手に入ると思われる。

強力な遺物を手に入れるため、キングダム間で熾烈な争いが繰り広げられます。

https://2worlds.netmarble.com/ja/kingdom/5

そして、強力な遺物を手に入れ、TOP4キングダムのみが参戦できる『王位争奪戦』で勝ち上がっていこう。

最後に

ここで語った戦術以外にも多くの戦術が考えられるだろう。

バリケードは本当に優秀で、中央エリアの入口以外にも、橋を封鎖することも可能だ。

戦力が圧倒的な場合、相手のスタート地点前の占領地で敵を閉じ込め、占領ポイントやバフタワー、中立モンスターすべて確保することもできるだろう。

自分の所属しているキングダムがどのぐらい強いのか、どのような動きが適しているのか、まずは自分のキングダムを見極め、作戦を立てることが大事になる。

その後は相手チームに適応する力をつけていき、是非最強のキングダムを目指してほしい。


mmorpgjpでは『二ノ国:Cross Worlds』の最新情報・攻略情報をくまなく発信していきますので、これからもよろしくお願いします。

© LEVEL-5 Inc. © Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. All Rights Reserved.

詳しくはNoxPlayer公式ホームページをご覧ください。