2021年10月人気MMO:New Worldがアクティブユーザー100万人を超え、世界1位に。FF14は世界2位。

MMO Populationsは10月に入り、アクティブプレイヤー数と総登録者数の割合から、世界で人気のMMOリストを公表した。公表された内容によると、Amazon Gamesの「New World」のアクティブプレイヤー数は111万人、総登録者数は1,170万人を記録し、世界第1位という結果になった。

第2位は、「FINAL FANTASY XIV(FF14)」でアクティブユーザー数は225万人、総登録者数3,378万人となっている。第3位以降は以下の通り。

MMOタイトルアクティブユーザー数総登録者数
1位:New World111万人1,170万人
2位:FINAL FANTASY XIV225万人3,378万人
3位:Old School RuneScape155万人3,256万人
4位:World of Warcraft111万人1億1683万人
5位:Destiny 2106万人3,718万人

新作タイトルで言えば「ELYON(エリオン)」が注目を集めている。欧米サーバー、日本サーバーが2021年内にリリースを予定している。欧米サーバーは、もともと「New World」と同じ、買い切りでの発売予定だったが、プレイヤーの参入障壁を下げることを目的に、フリープレイに変更された。サービス開始時期が近いことからNew WorldとELYONは比べられることが多かったが、サービス形態の変更に伴い、差別化が行われたと言える。この変更がどう響くか、ELYONのリリース後の動向に注目だ。

関連記事

Related Articles.